Top >  レーシックの周辺

レーシックの周辺

スポンサードリンク

レーシックの周辺一覧

レーシックで乱視も治る?

レーシックの手術は、一般には近視を矯正する手術だと認識されています。しかし、厳密...

レーシックで乱視も治る?の続きを読む>

レーシックの麻酔について

レーシック手術中に麻酔が切れたら‥そんな怖い想像しませんか?それから、だいたい麻...

レーシックの麻酔についての続きを読む>

イントラレーシックとは

イントラレーシックと一般的なレーシックの違いについて‥ イントラレーシックと一般...

イントラレーシックとはの続きを読む>

緑内障

緑内障(りょくないしょう)とは、視神経が圧迫されて視覚障害を起こす病気です。原因...

緑内障の続きを読む>

白内障

瞳孔が白っぽく見えてくるので「白そこひ」とも呼ばれている、白内障(はくないしょう...

白内障の続きを読む>

飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目の前には何もないはずなのに、蚊のような小さな虫が飛...

飛蚊症の続きを読む>

プール熱

プール熱(ぷーるねつ)とは、咽頭結膜熱のことです。症状としては、アデノウィルス2...

プール熱の続きを読む>

眼底出血の手術

眼底出血の出血が軽い場合なら、自然に吸収されることもありますが、出血がひどい場合...

眼底出血の手術の続きを読む>

眼底出血の治療法

眼底出血(がんていしゅっけつ)は、出血の量自体は微小で貧血などの原因となるもので...

眼底出血の治療法の続きを読む>

メガネの効用・目的

忘れがちなことですが、メガネは視力矯正の目的とは別に、眼球を保護するという大事な...

メガネの効用・目的の続きを読む>

メガネの発祥

メガネの発祥は、13世紀のイタリアだとされています。また、発明者は不明です。ある...

メガネの発祥の続きを読む>

眼底出血の原因

眼底出血は、糖尿病性網膜症がの原因として代表的なものです。糖尿病の患者が「目の前...

眼底出血の原因の続きを読む>

眼底出血とは

瞳から入った光が突き当たる眼球の奥の部分のことを眼底といいます。これは、肉眼で見...

眼底出血とはの続きを読む>

心因性視覚障害とは

目に異常がないののですが、視力低下や色覚異常を訴える子供が実は増えています。これ...

心因性視覚障害とはの続きを読む>

VDT症候群の予防と対策

VDT症候群の疑いを持ったら、環境や心身の状態を見直すとともに、異常を感じ時点で...

VDT症候群の予防と対策の続きを読む>

VDT症候群とは

VDT症候群とは、目の不快感を訴える人がOA機器を扱うひとたちの間で増えてきたた...

VDT症候群とはの続きを読む>

眼精疲労のホットとアイスパック

眼精疲労を緩和するためにの方法として‥ たとえば、蒸しタオルを目の上にあてて目の...

眼精疲労のホットとアイスパックの続きを読む>

眼精疲労の中国式のツボ療法

将来レーシックにかからないようにするために、眼精疲労の中国式のツボ療法という方法...

眼精疲労の中国式のツボ療法の続きを読む>

眼精疲労の主な原因

パソコン、テレビ、dvd、読書など眼精疲労は、目を酷使することによって起きたもの...

眼精疲労の主な原因の続きを読む>

眼精疲労とは

「眼精疲労」とは休憩をとっても目の痛みやかすみ、頭痛などの症状が残ります。また回...

眼精疲労とはの続きを読む>

視力とメガネやコンタクトとの関連性

視力の悪い人にとって、メガネとコンタクトレンズというのはいわば目の松葉杖であると...

視力とメガネやコンタクトとの関連性の続きを読む>

視力回復の超音波治療

超音波や低周波などを発する医療機器を直接目に当てる、視力回復の超音波治療とは、ピ...

視力回復の超音波治療の続きを読む>

ドライアイの深刻化

涙の分泌量が減少してしまう、ドライアイという目の病気が、多い若い女性を中心に問題...

ドライアイの深刻化の続きを読む>

眼のしくみと働き

眼に入ってきた光線は、最初に角膜で屈折し、瞳孔を通ります。この際に瞳孔は、光の強...

眼のしくみと働きの続きを読む>

近視・乱視・老眼やその矯正不良

眼球の内部では近視・乱視・老眼が進むと、無理にでも網膜にピントを合わせようとする...

近視・乱視・老眼やその矯正不良の続きを読む>

眼精疲労の予防と対策

普段の生活習慣が主な原因とされている眼精疲労は、最悪の場合、精神障害にもつながる...

眼精疲労の予防と対策の続きを読む>

近視の治療法一覧

点眼治療(調節麻痺剤) 仮性近視に特に効果的で、点眼による治療はまちがいなく視力...

近視の治療法一覧の続きを読む>

近視レーザー手術の種類一覧

レーシック(LASIK)とは レーシックと呼ばれる、最新の近視レーザー手術の技術...

近視レーザー手術の種類一覧の続きを読む>

コンタクトレンズの使い方で起こる障害

コンタクトレンズの間違った使い方で起こる障害とは? ・表層角膜炎:角膜の表面に点...

コンタクトレンズの使い方で起こる障害の続きを読む>

コンタクトレンズのトラブル

コンタクトレンズを使用する場合の諸症状 ・ゴロゴロとした異物感があり、眼が痛い ...

コンタクトレンズのトラブルの続きを読む>

乱視の矯正

乱視の症状について‥乱視は物が二重にぶれたり、TV画面などの縦や横の方向がぼやけ...

乱視の矯正の続きを読む>

乱視のメカニズム

乱視とはどのようなものなのでしょうか?乱視のメカニズムについて‥ 乱視とは、縦...

乱視のメカニズムの続きを読む>

屈折異常の原因

レーシックは近視を矯正する手術です。では、この近視の根本的な問題である、屈折異常...

屈折異常の原因の続きを読む>

近視のメカニズム

レーシックで改善する近視。そのメカニズムについて‥ 眼球内にある毛様体筋という筋...

近視のメカニズムの続きを読む>

オルソ・ケラトロジーの利点

オルソ・ケラトロジーは、就寝前に装用して翌朝目覚めて外すと、その一日の視力が確保...

オルソ・ケラトロジーの利点の続きを読む>

視力矯正法オルソ・ケラトロジーとは

視力矯正法といえば、近年はレーシックが有名でしょう。レーシックは、実績数も多いの...

視力矯正法オルソ・ケラトロジーとはの続きを読む>

イントラレーシックについて

レーシックにもいろいろ種類があるそうです。通常のレーシックは、マイクロケラトーム...

イントラレーシックについての続きを読む>

レーシックのインフォームド・コンセントの重要性

レーシック手術のインフォームド・コンセントの中では、手術のメリットだけでなく、デ...

レーシックのインフォームド・コンセントの重要性の続きを読む>

レーシックのインフォームド・コンセント

最近よく耳にする言葉として、インフォームド・コンセントという言葉があります。イン...

レーシックのインフォームド・コンセントの続きを読む>

PRK手術とは

PRKとは、Photorefractive Keratectomyの略で、角膜表...

PRK手術とはの続きを読む>

フェイキックIOLの歴史

フェイキックIOLは1980年代にヨーロッパで始まりました。これは、米国では食品...

フェイキックIOLの歴史の続きを読む>

ラセック(LASEK)手術とは

ラセック(LASEK)手術の方法とは、1999年にイタリア人医師Camellin...

ラセック(LASEK)手術とはの続きを読む>

エピレーシック手術とは

エピレーシックは、エピケラトームと呼ばれる器機によって角膜上皮を安全に剥離して、...

エピレーシック手術とはの続きを読む>

イントラウェーブフロントレーシックの利点(メリット)

・眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。 ・手術をしても入院をする必要...

イントラウェーブフロントレーシックの利点(メリット)の続きを読む>

イントラウェーブフロントレーシック手術とは

イントラウェーブフロントレーシックは、イントラレーザーでフラップを薄く作るので、...

イントラウェーブフロントレーシック手術とはの続きを読む>

ウェーブフロントレーシックの特徴

ウェーブフロントレーシックの特徴は、エキシマレーザーの照射をウェーブスキャンで得...

ウェーブフロントレーシックの特徴の続きを読む>

ウェーブフロントレーシック手術とは

ウェーブフロントレーシックは、ウェーブフロントアナライザーという検査機器を用いて...

ウェーブフロントレーシック手術とはの続きを読む>

イントラレーシックのメリット

イントラレーシックのメリットとして、 従来のレーシックにくらべて、イントラレーシ...

イントラレーシックのメリットの続きを読む>

イントラレーシック手術とは

イントラレーシックは、通常のレーシック手術ではマイクロケラトームでフラップ(ふた...

イントラレーシック手術とはの続きを読む>

< 前のカテゴリ「02レーシックの口コミ」へ  |  トップページ  |  次のカテゴリ「04レーシックの失敗」へ >

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo

このページについて

「失敗しないレーシック」のカテゴリ「03レーシックの周辺」内にある記事の一覧です。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。