Top >  レーシックの口コミ >  レーシック手術当日の夜に気をつけること

スポンサードリンク

レーシック手術当日の夜に気をつけること

レーシック手術当日の夜にいちばん気をつけないといけないことは、無意識に目をこすらないようにすることです。寝る前に、目を保護するための透明な眼帯をつけて寝ます。レーシックの手術後1週間は、寝る前にはこの眼帯をつけることが多いようです。
レーシック手術後のケアとしては、3種類の目薬の点眼が処方されます。

クラビット(1日2回)・・・これは、感染を予防する目薬です。
サンベタゾン(1日4回)・・・この目薬は、炎症を予防します。
ヒアロンサン(1日4回)・・角膜を保護し、目が乾かないようにドライアイを防ぎます 。

実は昨晩、クラビットがかな~り沁みました。けれど、今日は全然問題なく平気でした。多分、角膜が早いスピードで治ってきているということだと思います。素人判断ですが、自分の身体ですからね。なんかそんな気がするんです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシック手術当日の様子  |  トップページ  |  次の記事 レーシック手術後の定期健診  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。