Top >  レーシックの口コミ >  レーシック手術当日の様子

スポンサードリンク

レーシック手術当日の様子

レーシックの手術前には、まず髪の毛をカバーします。その後点眼の麻酔をして手術を待ちます。
そして、ベッドに横になり、まずテープで、まつげを固定します。その次は、開眼器で目を開いた状態で固定させます。
実は、これがとても痛いと聞いていたのですが、私はまったく痛くなかったです。まぶたがひっぱられてるかな?という感じ程度です。

そしていよいよ、レーシック手術が始まります。まずリングのようなもので目を圧迫し、エキシマレーザーという機械を使って角膜にフラップ(ふた)を作ります。
このとき、 先生が「目の前が暗くなるからね~」と言われたのですが、ほんとに暗くなって何も見えない状態になってしまいました。そして、何十秒後かに
「レーザーあてるよ~」 と声がして、ジジジジ・・・10~20秒ほどレーザーを当てた後、フラップを閉じて、右目が終了したようです。この間、大体2~3分くらいでした。
あっという間に、しかも簡単に右目が終ってしまいました。続いて左目。右目と同じことを繰り返し、こちらも3分弱程度で終りました。これでレーシックの手術は完了です。後は、先生の診察を受けて、なにも問題がなければ、そのまま帰宅できます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシック手術前の準備  |  トップページ  |  次の記事 レーシック手術当日の夜に気をつけること  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。