Top >  レーシックの口コミ >  レーシックを受けるまで

スポンサードリンク

レーシックを受けるまで

10年くらい前に、私が初めてレーシックなる手術を知りました。しかし、まだまだ当時は費用も高く、これは自分には縁のない手術なんだと思っていたのです。
そんな私でしたが、今は念願のレーシック手術を受け、とっても超快適な生活を送っています♪
これでも、実は手術を受けるまでに様々な葛藤があったのです(^^;

レーシック手術を受けた私ですが、実は私の父親も近視で、小学校に上がる前の検診で視力をはかったときにすでに視力が0.8くらいだったといっています。このことから、私の近視は遺伝でもあると思っています。
コンタクトを使った場合は、ソフト→ハード→1ウィークアキュビュー(1週間連続装用タイプ)→使い捨て2週間タイプ(毎日はずして2週間たったら新しいレンズと交換)と変遷して、最近は、メガネと1日使い捨てレンズを併用していたのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 PRKのメリットとデメリット  |  トップページ  |  次の記事 レーシックを受けることを決心  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。