Top >  レーシックとは >  レーシックの注意点

スポンサードリンク

レーシックの注意点

レーシックの手術方法は、術後も短期間で角膜を保護するという機能をはたらかせることができます。これは、角膜上皮やその下のボーマン層が温存されるためです。レーシックの手術費用についてですが、病院によってまちまちです。ただレーシックの場合、一概に安かろう悪かろうとは言えません。
またレーシックは、すべての人が受けられるわけではないのです。角膜の内皮細胞が極端に少ない方や、角膜が極端に薄い方の場合もレーシックを受けられません。これは、長年コンタクトレンズを使用している方に多いようです。もちろん、経験や知識も執刀医選びの重要なポイントとなります。
レーシック手術は、安全であることには違いありませんが、術後のケアを怠ると合併症などを引き起こす場合こともあり注意が必要です。
レーシック術後は、自己判断せずに、定期的にクリニックに検診にいくことをお勧めします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックで使う機器  |  トップページ  |  次の記事 レーシックの欠点  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。