Top >  レーシックとは >  レーシックで使う機器

スポンサードリンク

レーシックで使う機器

レーシック術式で使われるマイクロケラトームとは?
角膜表面を薄く削り出し、一辺だけ角膜とつながったフラップ(蓋)をつくるための機器をさします。
マイクロケラトームには、安全性や精度の高さ、多様な眼の形状への対応などが求められます。これにより、レーシック手術のレベルが変わるといっても過言ではないでしょう。ロックシステムによって操作性が向上しており、手術の安全性が高まりました。角膜のカーブ、直径、厚さなど、さまざまな眼のデータに対応できるシステムになっています。

レーシック術式で使われるエキシマレーザー  
短い波長のレーザー。目に見えません。角膜に当たった部分でエネルギーを放出し、照射 した部位だけ分子間の結合が切り離されることにより、角膜のカーブを変えられます。

レーシックで使う機器は、メンテナンスが重要です。なぜなら、まつげやわずかなほこりなどの付着により、フラップの作成不良などが発生するのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックのしくみ  |  トップページ  |  次の記事 レーシックの注意点  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。