Top >  レーシックとは >  レーシックのしくみ

スポンサードリンク

レーシックのしくみ

レーシック手術のレーザー照射について
レーシックでは、近視や乱視の度数に応じてエキシマレーザーを角膜実質を精密に照射し、眼を正しい状態の屈折力に戻します。
レーシック手術で使用されるレーザーは、コンピュータープログラムにより精密に制御できるようになっています。そのため、角膜組織を顕微鏡レベルの微小な量でも正確に取り除くことができるのです。
レーシック術式の手順としては、まず、手術の前に点眼薬で麻酔をします。
次に、角膜の表面をマイクロケラトームで削り、フラップをつくり、そのフラップをめくります。
エキシマレーザー(前述のコンピュータープログラムにより精密に制御されたレーザー照射装置)を照射して、眼を正しい状態の屈折力に戻し近視や乱視を治します。
先にめくったフラップを、元の位置に戻します。
その後フラップは自然に接着してゆきます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシック手術中に気をつけること  |  トップページ  |  次の記事 レーシックで使う機器  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。