Top >  レーシックとは >  レーシック手術中に気をつけること

スポンサードリンク

レーシック手術中に気をつけること

レーシック手術の当日で忘れてはならないのが、基礎化粧品を含む一切のお化粧が出来ないことです。また飲酒も厳禁です。これらは、レーシックの術式で使う、レーザーが最も嫌うアルコールが含まれているためです。化粧をしたり、飲酒をしたりすると、化粧品に含まれるアルコールや、体から蒸発するアルコールにレーザーが反応してしまい、正しい値のレーザー照射が出来なくなことがあるそうです。
お化粧ができないと、紫外線カットもままなりません。そこで女性の方は、紫外線防止に、サングラスや帽子、日傘などを用意していきましょう。
レーシック手術中は、目や顔を動かしてはいけません。そのため、医師に何か伝えたい時は、手や口で伝えます。目は、リラックスして指示された光をじっと見ていることが大事です。
レーザーは、多少目を動かしても目の動きを追いかけてくれますが、できるだけ動かさないほうが早く手術が終わります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシック手術時の服装について  |  トップページ  |  次の記事 レーシックのしくみ  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。