Top >  レーシックとは >  レーシック手術時の服装について

スポンサードリンク

レーシック手術時の服装について

レーシック手術を受ける場合の準備について‥
レーシック手術の前日は、睡眠をよく取り、体調を整えます。レーシックは手術ですから、当然でしょう。レーシックの当日は、お風呂やシャワーや洗顔、洗髪ができないので、前日もしくは当日に済ませておくことをお勧めします。またお化粧も控えてください。
手術当日の服装も注意が必要です。タートルネックやパーカー、毛羽立つセーターなどは止めましょう。理由としては、タートルネックの場合、脱衣時に眼を強くつぶってしまい、レーシックの場合ではまれにですがフラップにしわや、ずれが生じる事があります。パーカーは、手術時に首の周りがもたつくので、頭が固定しにくくなります。そのため控えたほうがよいでしょう。毛羽立つセーターは、眼に繊維が入る可能性があります。ですので、できるだけゆったりした前あきの服で行くようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 最近のレーシック事情  |  トップページ  |  次の記事 レーシック手術中に気をつけること  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。