Top >  レーシックとは >  妊婦でもレーシックは受けられるか

スポンサードリンク

妊婦でもレーシックは受けられるか

レーシックは、術後約1週間でステロイドの目薬を使って角膜の再生を促す処方がとられます。実は、現段階ではレーシックの手術後に使う目薬が、胎児や乳幼児にどのような影響を与えるのかまだわかっていません。このため、妊娠中や授乳中の女性はレーシックは受けられません。
レーシックを受けたい、受けるつもりだと考えている女性の方で、妊娠する可能性がある方は、ぜひ妊娠前にレーシックの手術を受けてください。実際、妊娠出産の後1~2年はレーシックが受けられない可能性があるのです。ステロイド剤は、子供に影響があるのではといわれていますから、大事を取る方が無難だと思われます。でも、たとえば、赤ちゃんの世話をしながらのメガネやコンタクトのケアもしなければならないのは結構手間です。そのため、妊娠出産前にレーシックをあらかじめ受けておくと、産後が自分の目の心配をしなくて済みますよ。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックが受けられない人 【目に関する症状以外では・・・】  |  トップページ  |  次の記事 レーシックのインフォームド・コンセント  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。