Top >  レーシックとは >  レーシックが受けられない人 【目に関する症状以外では・・・】

スポンサードリンク

レーシックが受けられない人 【目に関する症状以外では・・・】

レーシック手術は、膠原病などの傷の治りが悪い方や、糖尿病の方も角膜の再生が遅くなるので受けられません。
しかし、これらは軽度であれば手術ができることも考えられるます。そのため、レーシックを受けることが可能不可能を自分で判断せずに、まず眼科で検査を受けてみるのがよいでしょう。
レーシック手術を受けることができる年齢が決まっています。これは、原則的に20歳以上です。そのため、未成年はレーシックを受けられません。
もっとも、20歳以上の方でも近視が進行中の方は避けるべきだと思われます。レーシック手術を受けたとしても、近視がさらに進行してしまう場合があるのです。
反対にレーシック手術を受けられる年齢上限は、白内障年齢までとされています。白内障にかかっていて近視の強い高齢者の場合は、レーシック手術で近視矯正するよりも人工水晶体を用いるほうが適しているとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックが受けられない人【目に関する症状では・・・】  |  トップページ  |  次の記事 妊婦でもレーシックは受けられるか  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。