Top >  レーシックとは >  レーシックで視力が回復する仕組み

スポンサードリンク

レーシックで視力が回復する仕組み

「レーシック(LASIK)」は、視力回復法でレーザー治療で視力が回復させるというものです。全世界では、レーシックを毎年数百万人の方が利用しています。日本でも2000年に認可されて以来、毎年手術を受ける方が増える傾向にあります。
近視や遠視というのは、屈折異常のために焦点が合わなくてピンボケしている状態なのです。その焦点をあわせるために、メガネやコンタクトレンズなどで、視力を矯正するのが一般的です。実は、レーシックで視力が回復する仕組みは意外と簡単なのです。レーシックは屈折異常の原因のひとつである角膜にレーザーを当てて屈折を矯正し、屈折異常を根本から治す手術なのです。
レーシックという方法は、手術後も効果は半永久的に継続するのです。ただし、近視や乱視が進行中の方は、レーシック手術後も視力が下がる場合があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 レーシックを受けた有名人  |  トップページ  |  次の記事 レーシックが受けられない人  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。