Top >  レーシックとは >  レーシック手術について

スポンサードリンク

レーシック手術について

レーシック手術とは、近頃話題にのぼる視力矯正手術の一種です。
英語の綴りLASIKは、Laser in situ Keratomileusisの略語となっています。

角膜の表面を、マイクロケラトームとよばれる機械で薄く削り、フラップ(ふた状のもの)を作って、めくります。
その状態で角膜の一部に、エキシマレーザーを照射し破壊除去します。
フラップを元の位置に戻します。その後、約2~3分でフラップが自然に接着するまで待ちます。これで手術は終了です。
このような短時間で済む手術のためレーシックは、日帰りができます。
原理としては、角膜中央部を薄くするため、凹レンズを用いたのと同じ効果で、角膜の曲率が下がり近視が矯正されるのです。
レーシック手術では、レーザー照射の調節で乱視も矯正可能です。そのため、近視と同時に乱視も矯正する人も少なくありません。

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 レーシック手術のメリット  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「失敗しないレーシック」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。